女性が転職する際に注意しておくべきこと

女性の転職は男性よりも難易度が高いと言われているが、これは出産や育児、家事などの問題があるためだ。

女性は長期休暇を取得するケースが多いのに対して、男性ではあまり見られない。それゆえ企業側は女性を採用するにあたって慎重になるのである。

ただ最近は出産や育児による休暇に柔軟対応する会社が増えてきているため、昔より転職は有利になっている傾向がある。一方で年齢的な問題は現在でも影響しており、若いほど転職が有利になる傾向は依然としてある。

業務独占資格を求められる職業は、転職したい人にとって比較的寛容だ。薬剤師や看護師などは特に転職しやすい傾向があるが、それでも年に1回などの高頻度で転職をしていれば、採用で不利になることが多いので注意しよう。

職場の輪を乱してしまう、うまくいかなければすぐに転職すればいいと思っている、働くことに対して消極的で向上心がない、などと判断される可能性がある。職場側は長期的に活躍してくれる人材を求めており、すぐに辞めると予測される求職者の採用には消極的だ。

転職回数はあまりにも多いと、いざ本気で転職をしたいと思ったときに不利になってしまうのだ。転職の最大の目的は適職を見つけることであり、そのために必要な転職はある。

しかし転職歴が10回以上もあれば、たとえ若くても新しい職場を見つけることが難しくなる。生涯において転職回数は多くても4回までにするなど、自分なりに決めておくことが大切だ。そして転職を本気で決意したときは、躊躇することなく早めに求人応募するのがコツである。